登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

積水化学住宅カンパニー 21年度業績予測 19年度並み回復見込む

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 積水化学工業は、21年度の住宅カンパニーの業績について増収増益を見込み、コロナ前の19年度並みの営業利益水準を回復する計画を公表した。売上棟数は、19年度並みの1万900棟を回復。リフォームの売上増加と平準化やDXなどによる生産性改善、「あさかリードタウン」(埼玉県朝霞市)をはじめとするまちづくり事業の収益への貢献が拡大するものと見込んでいる。

 新築住宅については、ウェブ集客の強化や新ショールーム「GREENMODEL PARK」によるニューノーマルな暮らしの訴求強化など営業戦力・集客を展開。また、セキスイハイム50周年記念商品やZEHの訴求などの商品戦略、あさかリードタウンでの技術を戸建て分譲へ展開するなど土地戦略により、受注回復を目指す。

 一方、21年3月期の住宅カンパニーの業績は、第2四半期以降の受注回復とコスト削減、体質強化の進ちょくにより下期の減益幅が縮小した。

積水化学住宅カンパニー

決 算 21年3月

売上高 4,852億円 (△5.4%)

営業利益 305億円 (△19.2%)

予 想 22年3月

売上高 5,250億円 (8.2%)

営業利益 370億円 (21.1%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています