不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

三好不動産、楽天銀行と提携 LGBT向け住宅ローン 新築、中古を問わず取得ニーズに対応

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 三好不動産(福岡県福岡市、三好修社長)は、インターネット銀行の楽天銀行(東京都港区、永井啓之社長)と提携し、4月2日からLGBT向け住宅ローンの紹介を始めた。LGBTとは、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称。

 三好不動産はLGBTカップルの住まい選びの障壁が高いことを知り、16年からLGBTカップル向けに、賃貸住宅のあっせんを開始。その中で、住宅購入の相談を受けることが増え、購入ニーズの強さを実感していたという。そこで今回、楽天銀行と提携し、法的な婚姻関係にないLGBTカップルが住宅購入資金を連帯して借りたいというニーズに応える住宅ローンを紹介することになった。

 今回の「楽天銀行LGBT住宅ローン」は、新築・中古、戸建て住宅、マンションのすべてに対応する。パートナーで収入が合算でき、LGBTのパートナーシップを公認する公的証明書類の提示なしで申し込みができるという。

 同日の会見で三好社長は、「高齢になると賃貸住宅を借りにくくなる傾向がある。それまでに終(つい)の住まいを手に入れたいと考える40~50代のLGBTカップルは多い。そのニーズに応えていきたい」と話した。

 また、楽天銀行の大森健一郎執行役員は、「我々としては特別なことをしたい訳ではなく、一般の人が受けられるサービスと同様のものを提供していくという考えだ」と述べた。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています