不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

大手不動産3社が移動商業サービス 物件やまちの価値向上 新型コロナ支援の側面も

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 三井不動産、野村不動産、東京建物といった大手不動産企業が移動商業サービスの取り組みを活発化している。飲食店をはじめ、洋服などの物販やマッサージなどのサービスを、住宅やオフィスなどに提供することで、自社アセットの価値向上を図る。同時に、新型コロナで苦戦するテナントを支援するかたちにもなっている。将来的には、まちづくりや地域活性化につなげていくことを狙う。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています