お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

シェアサイクル実証実験、出足は好調 小田急G、MaaS見据え 沿線エリアの回遊性向上へ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 小田急グループは、沿線エリアの回遊性向上と、将来的にMaaSと連携した新たなサービス提供に向けた、シェアサイクルの実証実験を開始した。10月13日から、東京・世田谷の小田急線沿線(下北沢~成城学園前)の駅周辺に、約80台の電動アシスト付きのシェアサイクルステーションを設置。スマートフォンアプリを使って利用する。地域のにぎわいづくりに貢献するもので、導入から約1週間経過し「ステーションからシェアサイクルが出払っている状態が続き、出足は好調」(小田急電鉄)と言う。実証実験は年末まで行う予定だ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020(令和2)年度 賃貸不動産経営管理士試験 試験問題・解答解説
受験対策講座2020
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま予約受付中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています