快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

営業自粛響き減収減益 シノケン、20年12月期第2四半期

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 シノケングループの20年12月期第2四半期連結業績は、売上高461億5100万円(前年同期比9.1%減)、営業利益42億1300万円(同30.8%減)、経常利益39億1100万円(同29.6%減)、純利益26億3500万円(同31.3%減)だった。主力の不動産セールス事業では、新型コロナウイルス感染拡大により、6月に計画していた総額100億円規模の私募リート組成に伴う組み入れ物件の売却時期が下期にずれ込んだ。個人投資家向けアパート・区分マンション販売でも緊急事態宣言中に対面営業を自粛し、商談件数、契約件数、引き渡し件数に影響した。そのほかの不動産サービス業(賃貸管理など)やゼネコン事業、エネルギー事業、ライフケア事業は増収だった。通期業績予想の修正はない。

シノケングループ

決 算 20年12月第2四半期

売上高 461億円 (△9.1%)

営業利益 42億円 (△30.8%)

経常利益 39億円 (△29.6%)

当期利益 26億円 (△31.3%)

予 想 20年12月

売上高 1,020億円 (6.5%)

営業利益 105億円 (7.6%)

経常利益 100億円 (10.9%)

当期利益 70億円 (19.1%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています