お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

適正管理で土地活用を 買取再販を実現する 意識変化がカギに 改正土壌汚染対策法 費用と期間を抑えて 完全除去の考えを見直す 規制の強化・緩和の狭間で

この記事を読むのに必要な時間:約6分

 最近では、東京・豊洲市場で注目された土壌汚染問題。土壌汚染対策法(以下、法)の改正法が19年4月に全面施行された。経済産業省は直前の19年3月に「対策ガイド」でQ&Aや留意点を示したが、20年3月の追跡調査で「適切な理解が進んでいない」と言及。多岐にわたる改正内容に、現場では一定の混乱があるようだ。売主や買主、媒介業者もトラブルに巻き込まれかねず、正しい理解なくして土地の利活用は進まない。こうした中、土壌汚染土地の〝買取再販〟という新たな潮流も出ている。        (坂元浩二)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています