お知らせ
HomeAwayのオーナーアカウント登録ページはこちら

パナソニック・三菱地所レジデンス・寺田倉庫 新CRE活用モデル構築へ 築26年のビルをリノベ、複合施設に エリマネで天王洲運河エリアの価値向上

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 パナソニック、三菱地所レジデンス、寺田倉庫は、「TENNOZ Rim(テンノウズ リム)」(東京都品川区東品川1丁目)を6月19日にオープンした。パナソニックが所有する築26年の建物を、同社の技術と三菱地所レジデンスのReビル事業、天王洲でエリアマネジメント(エリマネ)によるエリアブランディングを手掛ける寺田倉庫が協力してリノベーション。コワーキングスペースやリハーサルスタジオ、マルチ・コミュニティ・スペースなどの交流機能を持つ都市型複合ビルとした。また、同施設から新たな技術や文化を発信することで、天王洲運河エリアを活性化し、エリア全体の価値向上を目指す。パナソニックの井戸正弘執行役員は、今回の取り組みを「エリマネを通じた新しいビジネスモデル」とし、新たなCRE(企業不動産・今週のことば)活用モデルを構築する考えだ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています