お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

新年度 大きな転機に 不明地特措法が全面施行 80年以来の大幅見直し 相続法改正 防火規制を見直し 建基法改正

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 改元による新たな時代の幕開けとなる新年度が目前に迫った。4月から働き方改革関連法が順次施行され、月45時間、年360時間を原則とする時間外労働の上限規制(中小企業は20年4月から)と、毎年5日の有給休暇付与が使用者に課される。3%で導入された消費税は10月にいよいよ二桁税率に引き上げられる。大きく変わる新年度の住宅・不動産関連の主な動きをまとめた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています