住まい・暮らし・文化

「カリアゲJAPAN」「アキサポ」空き家再生事業の今 最適な再生化事案で地域活性化 ルーヴィス(神奈川県横浜市) ジェクトワン(東京都渋谷区) 今が民間事業者の腕の見せ所

 近年空き家が社会問題化していることを受け、「第1回『すみだ』に眠る空き家の活かし方 最新空き家関連セミナー」が6月26日、東京都墨田区のすみだ産業会館サンライズホールで開かれた。ここで空き家再生事業に携わる不動産業者として、ルーヴィスの福井信行代表取締役とジェクトワンの大河幹男代表取締役が登壇し、実際の事例を紹介。更に空き家活用相談会などを開催しているNPO法人空き家再生プロジェクト(東京都新宿区)の清水貴仁理事長らが加わり、トークセッションも行われた。この3人に空き家再生の現状、課題などを聞いた。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»