政策

全宅管理 賃管業の指針策定へ 中小業者向け法制化への対応も

 全国宅地建物取引業協会連合会を母体とする全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理、北里厚会長)は、賃貸管理業の業務標準化(スタンダード化)に向けた取り組みを強化する。年度末にもガイドラインを策定し、その後行政(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»