クラウドファンディング本人確認e-KYCで TRUSTDOCK

 TRUSTDOCK(東京都千代田区)は、同社のe-KYC(本人確認)サービスをAPI連携で、飯田グループホールディングスのグループ会社で投資用マンションを開発するリビンコーポレーション(東京都渋谷区)が運営する不動産クラウドファンディング「property+」に提供を始めた。TRUSTDOCKが本人確認業務を代行することで業務提携した。

 e-KYCサービスは、顔の容貌の画像や免許証などの本人確認書類などからオンラインで相手の身元を確認する。犯罪収益移転防止法などで本人確認の厳格化が始まっており、それらを図りたい企業などから導入のニーズが高まっている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています