お知らせ
【参加無料】スマートホームが不動産業務をスマート化させるWEBセミナー

ジャパンホームシールド、マレーシア工科大と共同研究

 ジャパンホームシールドはこのほど、マレーシア工科大学と共同研究契約を締結した。同社独自の地盤調査方法「スクリュードライバーサウンディング試験」のマレーシア国内での普及を目的として行われたもの。同試験は小型の調査機を用いながら、大掛かりなボーリング調査と同程度の精度を持ち、比較的低コストで実施可能。同社は今後、軟弱地盤の多い東南アジアを中心に採用の拡大を見込んでおり、住宅地を始め道路や堤防などインフラ関連の建設での活用を予定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています