登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

2×4協会 研究助成の重点テーマに高齢者施設

 日本ツーバイフォー建築協会は12月1日から、「第9回坪井記念研究助成」の応募受付を始める。ツーバイフォー工法や同工法建築物に関連する研究などに対して助成する制度で、2004年に創設した。
 前年同様、一般テーマに加えて重点テーマを設定した。一般テーマは、「ツーバイフォー工法住宅・建築の技術、生産システム、環境および意匠や計画に関連する研究・開発・調査等」。重点テーマは2つあり、1つ目は、「ツーバイフォー高齢者施設における木材利用効果に関する調査・研究」。例えば、同工法で建てられた老人ホームなどで、そこに入所する高齢者の心理面や健康面での木材利用効果(転倒骨折事故の木造床による軽減効果など)を実例調査で明らかにする研究。2つ目は、「ツーバイフォー長期優良住宅における維持管理に関する調査・研究」。具体的な維持管理の方法、部位、周期及び点検時期について、居住者・消費者の意識、地域ビルダーの対応状況の調査に基づいた体系的な研究を募集する。
 応募者は、若手研究者(筆頭者が40歳代)の個人またはグループ。大学在籍者のほか、民間の企業、設計事務所、NPO法人で研究活動に従事する人も応募できる。
 助成金は1件当たり原則100万円(上限200万円)で、総額400万円を予定している。応募締め切りは1月31日。
 問い合わせ先は、同協会電話、03(5157)0835。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています