お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

スマートハウスの〝今〟と〝未来〟 -住まいの環境特集-

連載 特集 スマートハウスの今と未来

この記事を読むのに必要な時間:約6分

エネルギー需給の「見える化」 HEMS・MEMS搭載が条件

セキスイハイム(積水化学工業)のHEMS画面。省エネ、光熱費削減のためのコンサルティングも展開している
 

 「スマート」は「賢い」という意味だが、スマートハウスやスマートマンションの定義には確固としたものがない。最低限、太陽光発電システムが搭載され、戸建てには「HEMS」(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が、マンションには「MEMS」(マンション・エネルギー・マネジメント・システム)があるということが条件となっているように思われる。

 これらのシステムを導入するだけで、オーナーおよび入居者の省エネ意識が高まり、そのことによって「10%程度の省エネ効果が期待できる」(ハウスメーカー関係者)とされている。東日本大震災以降に発生したエネルギー不足の懸念を背景に、積極的に導入されるようになってきた。

 その機能を具体的におさらいすると、HEMSは住宅内のエネルギーの需給状況を「見える化」するのが基本的な機能。太陽光発電システムがどれくらい電力を生み出し、一方でどれくらいエネルギー(主に電力)を消費しているのかを、パソコンや携帯電話、携帯端末などに表示して、結果的にオーナーの省エネ、光熱費削減に貢献するものだ。

三井ホームのHEMSでは、表示するタブレットを使い、設備機器の取り扱い説明書を表示することを検討している
 

 最近では、家庭用蓄電池やV2H(ヴィークル・ツゥ・ホーム、蓄電池を搭載する電気自動車などと電力を融通するシステム)など、様々な「スマート機器」との連携も進んでいる。

 MEMSは、これを各住戸だけでなく、マンション全体に拡大・適用するものだ。中には、一括して電力を購入することで、入居者への安価な電力供給を売り物にするスマートマンションも増えてきた。

 エネルギーに関連する事項で語られることが多いスマートハウス、スマートマンションであるが、近年はそれ以外の分野、健康や医療、福祉、安全、防犯などといった様々な業態との連携も、模索されつつある。例えば、セキュリティーの分野など一部技術では既に実現されている。

 また、家電については、HEMSなどによってエネルギー消費の動向が確認できるほか、ON・OFFの制御などが可能な商品も登場している。

「スマートハウスの今と未来」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています