マンション・開発・経営

マンションが変える宅配収納 (下) 「シェア志向」の拡大が背景 働き方改革で居住空間大事に

 新築分譲マンションや賃貸住宅で導入が進んできた宅配収納サービスは、スマートフォンで預けた荷物を出し入れできるというものだ。坪単価高騰を背景に、狭くなる専有部の居住スペースを有効に使うという理由もあるが、入居者のライフスタイルの変化も大きな理由の一つになっている。物の所有にこだわらず、物や空間をシェアする「シェア志向」の拡大が背景にある。(桑島良紀)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»