【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

大言小語 マスクを捨てよ、街へ出よう…か

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 世界を席巻した新型コロナウイルス感染症の猛威はこのところ落ち着きを見せ、日本もほとんどの都道府県で新規感染者数が前週比減となっている。とは言え、東京都では数千人レベルで、収束には遠い。コロナが収まるのは、「マスクをみんながしなくなるときだ」と言う。しかし、街はマスクをした人であふれている。

 ▼それでも、政府は5月23日、「基本的対処方針」の中でマスクについて、屋外では人との距離が2メートル以上ある場合や、距離がなくても会話をほとんど行わない場合は着用しなくてよいとした。また屋内では、前者の条件を満たし、かつ、会話がほとんどない場合には着用する必要はないと決めた。だが、どれだけの人がこれを認識しているだろう。

 ▼例えば、徒歩や自転車を走らせて、屋外で人とすれ違うような場合もマスクの必要はない。当方は、外出する場合、周りに誰もいないときは極力マスクを外すのだが、人とすれ違う場合には、慌ててマスクをする。相手に不快な念を抱かせない配慮のつもりなのだが、相手からすると、自分が近づいたら慌ててマスクをするなんて失礼な、と思っているかもしれない。

 ▼また、そもそもマスクに慣れてしまい、化粧やひげそりをしないで済む、鼻、口を隠すので小顔に見えるなど、〝マスクでよくね〟という若者も多いと聞く。日本人はとりあえず、まだマスクから離れることはできないようだ。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています