登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

〝木造都市〟目指す シリーズ・SDGs実現に挑む シェルター・目標13、25など

この記事を読むのに必要な時間:約1分

仙台市内に完成した木造7階建てビル

 都市に森をつくる――。木構造メーカーのシェルター(山形市)は、大規模木造建築を得意とする会社だ。木は空気中の炭素を固定・貯蔵する特性を持つ。積極的に活用することで化石燃料の使用量を抑え、二酸化炭素排出削減に寄与するとして注目を集めている。

 「最先端の技術によって都市部に大規模・高層の木造建築をつくる〝都市(まち)に森をつくる〟活動を行い、人と環境に優しい木造都市づくりに挑戦する」をコンセプトに掲げ、SDGsの達成に取り組む。中でも、目標13(気候変動に具体的な対策を)や25(陸の豊かさも守ろう)、17(パートナーシップで目標を達成しよう)など6つのゴールを重点目標に位置付ける。

 同社は74年の創業以来、接合金物工法「KES構法」や木質耐火部材「クールウッド」、曲線・ひねり部材「フリーウッド」など独自技術を開発し、大規模木造建築のほか高層の木造ビルなど多様なプロジェクトに挑戦している。例えば、近年では宮城県仙台市に純木造7階建てビル「高惣木工ビル」(延べ床面積1131m2)を完成させた。国内では初めて、集成材ではなく一般流通材である製材を主要構造部に使用した大規模木造だという。店舗やオフィスなどが入るビルだ。

 同物件は今秋、木材利用優良施設コンクール(主催・木材利用推進中央協議会)で、農林水産大臣賞を受賞した。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています