新製品 マネーフォワード 固定資産管理を容易に 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 個人資産管理やクラウドサービス提供のマネーフォワード(東京都港区)は、中堅企業向けに、クラウド型固定資産管理システム『マネーフォワード クラウド固定資産』の提供を6月14日に始めた。クラウド上で操作するため、管理のしやすさや資産の〝見える化〟を実現する。会計と税務の減価償却計算を並行管理できる複数台帳管理機能などが特長となる。

 会計、税務などの経理部門での固定資産の取得や異動の登録などの固定資産の台帳管理、減価償却計算、増減集計のほか、総務やIT部門、営業所や工場といった現場の職員による固定資産の現物管理などに対応する。会計ソフトと連携すれば、仕訳データを自動作成でき、円滑な処理で業務を一層効率化する。今後は、償却資産税や法人税の申告、現場での固定資産実査棚卸サポート機能を実装する。

 中堅企業向けに、20年10月に提供を始めた同社のバックオフィス統合ソリューション『クラウドERP』の一つとして、1月の『クラウド債務支払』、6月の『クラウド債権請求』に続くシリーズ。今夏には、『クラウド人事管理』もリリースし、対応する業務の領域を拡大していく。 

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています