東急、Unito 賃貸の自室をホテルに変身 東京・渋谷にサービスアパートメント

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 東急(株)、Unitoは、入居者が家に帰らない日は家賃がかからない多拠点生活者向けのサービスアパートメント

「Re-rent Residence 渋谷(リレントレジデンスシブヤ)」(東京都渋谷区渋谷三丁目)を6月25日から賃貸を開始する。物件の特徴である「リレント機能」は、入居者が外泊時に自分の部屋をホテルとして貸し出すことにより家賃が外泊数に応じて減額するシステム。入居者は浮いた家賃でほかの場所での居住・宿泊が可能になる。同物件への入居希望者の募集は、5月20日から開始。同社は様々な暮らしのニーズに応えられる賃貸住宅「スタイリオ」シリーズを展開しているが、新たに「Re-rent Residence」を加え、入居者の多様な生活様式に合わせた賃貸事業に取り組む。

 同物件は、6部屋(34~37m2)で、共通設備として収納付きのベッド、ソファのほか、家を貸し出す際に入居者の持ち物を保管するための鍵付き収納を設ける。入居者が外泊する際は、自己所有物を鍵付き収納に保管後、運営スタッフが清掃を行った上で、部屋の貸し出しを実施する。入居者は、外泊日の3日前までにアプリで申請する。宿泊者は通常のホテルと同様に宿泊ができる。宿泊に出せるのは1カ月15日以内となっている。

 渋谷を中心とした多拠点生活に適した「最短1カ月から契約可能」「敷金・礼金・更新料が不要」といったフレキシブルな入退去の仕組みと、生活に必要な家具・家電などの設備を備えることで、入居者のライフスタイルに合わせた自由な暮らしの実現をサポートする。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています