登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

電子契約サービス強化 GMOグローバルサイン

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 総合インターネットサービスのGMOグローバルサイン・ホールディングス(東京都渋谷区)は、2月12日の20年12月期通期決算発表と事業説明会で、同日に名称を「GMO電子印鑑Agree」から『電子印鑑GMOサイン』に変更した電子契約サービス事業について、「事業投資を加速化させる」と、同社社長の青山満氏が表明した。

 同社の『電子印鑑GMOサイン』は、20年12月に導入企業数が16万社を超えた。テレワークの広がりに一定期間の無償提供を実施したものの、利用数の増加が要因となって「増収」を達成している。

 GMOグローバルサイン社長の中條一郎氏は、今後の事業戦略の説明の中で、「マイナンバーカード」との連携を含め、誰もが簡単にサービスを導入しやすく、「スマホでハンコが押せる世界を実現する」と強調。経営資源を集中する方針を示した。グループで電子認証局を持つ強みがあり、本人認証で厳格に担保する「当事者署名型(実印タイプ)」と、メールアドレスによる比較的簡易な「事業者署名型(契約印タイプ)の双方の電子署名に対応している。他社サービスとの連携を今後も積極化させながら、顧客数の拡大を図っていく。

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています