JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

新型コロナの悪影響深刻化 自民が不動協、住団連に聴聞

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、住宅・不動産業界からも様々な悪影響についての声が挙がっている。

 そこで自由民主党の国土交通部会は3月19日に業界団体に対するヒアリングを行い、住宅・不動産業界では不動産協会(不動協)と住宅生産団体連合会(住団連)が、同感染症による事業への影響と支援要望を伝えた。

 両団体は共に、中国からの資材や設備の納入遅延により工事が遅れ、住宅の引き渡しなどができないケースも出ている現状を説明。また住宅の販売や受注、オフィス契約にも悪影響が出ているとした。

 こうした状況から両団体は、昨秋の消費増税時の住宅取得支援策の延長を要望。併せて、不動協は都市再開発事業や省エネ投資への支援の拡充などを、住団連は中小・零細工務店に対する無利子融資や、即効性のある住宅投資促進策の早期実施などを求めている。(3面に関連記事)

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています