お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

大言小語 隣のファーウェイ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 〝米中貿易戦争〟が勃発したことで様々な影響が日本にも出ている。中国通信企業ファーウェイに対する米国の制裁措置により、グーグルが一部ソフトウェアの供給を制限する可能性が出てきた。Gメールやユーチューブが使えなくなる。通信大手数社は夏モデルとして発表した同社製のスマートフォンの発売を延期した。

 ▼日本の端末市場に参入してきたのは12年前。なじみのないブランドが、10年かからずにSIMフリースマホの分野で販売台数1位となる。同社の欧州での販売シェアは韓国サムスン電子に次ぐ2位。その勢いはまさに飛ぶ鳥を落とすものだったが、このままだと陰りが出ることは間違いない。

 ▼アプリだけでなく、OSのAndroidもグーグルの産物。同社では、自前のOSを作る能力もあるとしているが、日本人からは、「大量のガラパゴス端末が生まれる」と揶揄する声もある。

 ▼さて、その日本。一時は百花繚乱の企業が「ケータイ」に参入していた。今では、片手の指で足りるほどの数で、しかも、世界で戦える力はほとんどなくなっている。住宅・不動産業界にとっても人ごとではない。IoT・AIも、突発的事情によって、使用不能となるおそれがあるということだ。それを防ぐには、自ら技術を開発していくか、そうした技術を持つ国にもみ手をするかしかない。他山の石として、ファーウェイの行方を見ていかねばならない。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています