お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 幻想に生きる現代人

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 去年は各地で大災害が頻発した。地球温暖化が原因とすれば今年も同様か。ただ、国民の多くが最も恐れているのは近く起こるといわれている巨大地震である。

 ▼その一つに首都直下型地震があるが、政府の地震調査会が「今後30年以内にマグニチュード7クラスの首都直下型地震が起こる確率が70%」と発表したのは5年前だった。その後もエネルギーが溜まり続けているとすれば、いずれその確率が「10年以内に90%」となってしまう可能性もあるだろう。そんなことが発表されたらどうなるだろうか。

 ▼首都圏に住む多くの人たちが地方に逃げ出すに違いない。資金のある人は地方に土地と家を取得したり、海外に移住したりするだろう。資金に余裕がない人たちは地方の実家や親戚を頼るしかない。首都(機能)移転構想も、またぞろ動き出すか。ただ問題は、そうしたことを政府が発表するかどうかである。たとえかなりの根拠が専門家から示されたとしても。

 ▼ある種の動物にはそうした天変地異を察知する能力があるといわれるが、残念ながら人間にはなさそうだ。それどころか、都会に住むようになった人間は「本能が壊れた動物」と唯幻論を説く岸田秀氏はいう。本能が壊れた人間が生き延びるすべは、「みんなで渡れば怖くない」式の共同幻想を信じるしかない。地震に限らず、我々はそろそろ自分の直感で生きなければならないのではないか。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています