お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

〝志〟の時代 (下) 官民学で閉塞感を払拭

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 人口減少や高齢化などで閉塞感が強まる業界の未来を切り開きたいという気運は、個々の〝志士〟だけのものではない。業界団体や外郭団体、各種研究機関などにも広まっている。全国住宅産業協会による「不動産後見アドバイザー」資格制度の公開、大阪府宅地建物取引業協会中央支部や埼玉県宅地建物取引業協会による「タウンマネジメント・スクール」の開催、不動産流通推進センターによる「不動産エバリュエーション専門士」など新たな資格制度の創設がその好例だろうか。もちろん、こうした団体・機関による取り組みは、前回紹介した業界で働く個々人の熱い思いがあればこそ。日本の未来を見据えた 〝官民学〟の連携に期待が集まる。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています