お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

早期回復なるかマンション 首都圏市場新たな動き <上> 〝価格の壁〟への対応 需要者、資産性重視で選別化

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 新築マンション市況は17年も低迷が続いたが、ようやく活性化への糸口が見えてきた。〝需要者離れ〟を招いた価格高騰は、今なお調整されたとはいえないが、徐々に動きを取り戻す物件が出てきた。また〝価格の壁〟を超える有力物件も前評判通りの地力を発揮する物件も登場。供給側の需要対応が奏功したものだが、これが復調につながればいいが…。   (柄澤浩)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています