住まい・暮らし・文化

女性が望む「なんとなく安心」 旭化成ホームズ 賃貸の防犯調査 〝匿名コミュニティー〟に効力

 「防犯設備で犯罪を防げるとは考えていない」「名前は知らなくても顔が分かる人がいると、なんとなく安心できる」――賃貸住宅で一人暮らしをする女性の防犯意識が、旭化成ホームズの「くらしノベーション研究所」の調査で浮かび上がった。同調査は、低層集合住宅に入居する単身女性の防犯意識を把握し、賃貸住宅の防犯設計の向上に役立てる目的で、同社が発売した女性専用賃貸「へーベルメゾン サフォレ」の入居者を中心に男女にインタビューやアンケートを行いまとめたもの。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»