お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

建設投資 不動産業は前年比倍増 1~3月期

 建設物価調査会はこのほど、民間企業設備投資動向調査の結果を発表した。この調査は、民間企業で資本金1億円以上の企業1963社を調査対象として、建設投資の実績と計画を四半期ごとに把握するもの。
 15年1~3月の設備投資のうち、建設投資は全産業で前年同期比7.2%増。製造業が35.3%減、非製造業は12.2%増となった。投資区分別では、賃貸住宅や社宅などの住宅への投資が14.2%減、非住宅は30.4%増。事務所・店舗、工場・倉庫等、その他の建築物すべてが増加した。なお、建設投資でいう住宅とは、賃貸用住宅、社宅、寮などで、販売用建設物の建設費は含まない。
 産業別にみると、前年同期に比べて製造業では輸送用機器製造業、化学工業などが増え、非製造業では不動産業、電気・ガス業、建設業などが増加した。不動産業は99.1%増と伸びを見せ、15年4~6月期でも82.9%増を見込んでおり、賃貸住宅の堅調さがうかがえる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています