お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

2013年 資産運用ビジネス特集記事一覧

  • 2013年度のメーカ―の「賃貸住宅」戦略を展望する 2013年 資産運用ビジネス特集

     2013年期の主要ハウスメーカーの賃貸住宅事業は、相続税対策や金利の先高感など市場の追い風を受け概ね堅調に推移した。中には前期比で2ケタ増となった企業もあるなど、その成長は近年には見られない状況ともいえそうだ。今期も各社はより良質な賃貸商品を投入することで差別化を図り、さらなる事業拡大を狙う構えだ。 住宅ジャーナリスト 田中直輝 (続く)

  • イマドキの個人投資家-こんな業者に依頼する 2013年 資産運用ビジネス特集

     多くの不動産投資本や情報商材が、「運営上のコストダウンをはかるために物件の自主管理を…」と勧める一方、その限界を感じ始めた個人の不動産投資家が目に見えて増えています。 (株)シー・エフ・ネッツGM・シニアコンサルタント IREM-JAPAN理事・CPM公式セミナー講師CCIM-JAPAN理事 猪俣 淳 (続く)

  • 景気回復期の投資家, リートの安定性に注目 2013年 資産運用ビジネス特集

     2013年に入ってからの不動産市場は、「アベノミクス」効果もあって回復傾向が続いている。オフィス賃料には底打ち・上昇の兆しが見られ、マンション供給も増加傾向にある。また、Jリートによる不動産投資額は、昨年1年間の実績を大きく上回り、投資対象も多様化している。日本経済が大きく変化する中で、不動産事業の堅調さに注目する投資家が増えており、この評価が不動産市場のさらなる回復を促す原動力となっている。 みずほ証券金融市場調査部 石澤卓志 (続く)

  • 賃貸仲介手数料0の時代へ 2013年 資産運用ビジネス特集

    ~「仲介」から「管理」へ、管理会社のビジネス戦略と業務カイゼン ~    私が幹事をしている「21C.住環境研究会」では、3年に1回、入居者ニーズアンケート調査を「SUUMO((株)リクルート住まいカンパニー)」と一緒にしているのだが、今回第6回目の調査(首都圏の入居者1137名に60もの問いに答えていただくもので、1997年から3年ごとに実施)を行った。そこで、一番印象に残ったアンケート結果は、部屋探しに関するものだ(表1)。 オーナーズエージェント株式会社 株式会社アートアベニュー 代表取締役 藤澤雅義 PM(米国不動産経営管理士)、CCIM(米国不動産投資アドバイザー) (続く)

  • 高齢者住宅「サ高住」に注目 2013年 資産運用ビジネス特集

     「サービス付き高齢者住宅(サ付住宅)」が4月末に11万戸を突破した。その伸び方も、震災や景気の影響を受けず綺麗な右肩上がりの線を描いている。急増の背景には国の積極的な手厚い優遇政策があるが、果たしてその線はどこまで伸びるのか。その現状とこれからを占ってみる。 フリーライター 佐藤聡 (続く)

管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています