お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

キーワード:特区民泊 に関連する記事

記事一覧

  • 民泊活用型一括借上システムの対象商品の1つ、特注注文「リベルテ」

    大阪特区エリアで「民泊活用型一括借上」をスタート 大東建託 賃貸・管理

     大東建託は8月から、大阪市の特区民泊エリアに限定し、「民泊活用型一括借上システム」の提供を開始した。同社が設計・施工した賃貸住宅を活用し、当初は民泊事業を、その後は同社が建物を一括で借り上げる賃貸事...

  • 大田区「特区民泊」認定が100件超え 総合

     大田区の「特区民泊事業」(大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)が3月15日、認定件数が103件、525居室、定員1736人に達した。  同事業は16年1月に開始し、18年1月に条例改正で最低利用日数を6泊7日以上から2泊3...

  • 楽天LS 14日、大阪にコンドミニアム型特区民泊施設オープン 営業・データ

    ...、以下:楽天LS)が提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」における初のコンドミニアム型特区民泊施設「Rakuten STAY×ShaMaison 大阪出来島駅前」が、9月14日から営業を開始する。10...

  • 特区民泊、「2泊3日以上」で決定 宿泊日数を緩和 総合

     国家戦略特区内における民泊(特区民泊)について、政府はこれまでの「6泊7日以上」だった宿泊日数要件を、「2泊3日以上」へと正式に閣議決定した。これに伴い、10月31日から条例を施行し民泊の事業者募集を開始する大...

  • 特区民泊の最低宿泊 日数、短縮に向け検討 政策

     内閣府は、国家戦略特区における旅館業法の特例(特区民泊)について、最低宿泊日数の短縮に向けた検討を始めた。現時点では「2泊以上」を念頭に置いている。

  • 申請物件の事例

    大田区の特区民泊 2物件の申請受理、相談160件 政策

     東京都大田区はこのほど、国家戦略特区における民泊事業(特区民泊)の申請状況を公表した。1月29日の受付開始以降、2月3日時点で1業者から2物件の申請を受理。今月中旬にも認定する方針だ。このほか、160件を超える相談...

  • 特区民泊の説明会に大勢の事業者が参加した(東京都大田区で)

    特区民泊に「熱視線」 東京都大田区の説明会、大盛況 政策

     東京都大田区は1月27日、国家戦略特区内での民泊事業(特区民泊)について、事業者向け説明会を開催した。全国初の特区民泊の施行を2日後に控えた開催で、定員の100人を大幅に上回る事業者が参加。『立ち聞き者』も大勢...

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています