登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

不動産取引現場での意外な誤解【賃貸借編】

 NEW  取引実務・研修会のテキストとして是非ご利用ください。

不動産取引現場での意外な誤解【賃貸借編】

住宅新報連載中の『不動産取引現場での意外な誤解』から、宅建業者にとって、業務上有益と考えられる相談事例各40問を抽出し、まとめています。
また、ほぼすべての事例が改正民法に対応した内容になっています。

定価 
880円(税込)
発送
2022年5月中旬から随時
規格
A4判50P程度 (表紙フルカラー/本文モノクロ)
発行・発売
住宅新報
お申込はこちらから

 

商品情報

掲載内容

第1章 定期借家

・定期借家の「再契約」時の落とし穴とは?

・短期の定期借家に「借家権」は発生する?

・契約満了通知を出さなかったら?

・借主の法定解約権の範囲は?
……等々

第2章 普通借家(賃貸借総論・契約・管理関係)

・一時使用目的の建物賃借権とは?

・賃貸借で目的物の返還条項を定めなかったら?

・通常の賃貸借では面積不足の責任は生じない?

・大家が勝手に貸すと言ったが、断れるか?
……等々

第3章 普通借家(借家の売買・貸主の地位の承継等)

・貸家の居抜き売買におかる借主への通知は?

・貸家の売買で貸主の地位を売主に留保したら?

・貸主の地位の留保規定新設の真の理由は?

・民法上の賃貸物件が売却されたら貸主は?
……等々

第4章 普通借家(解約・更新拒絶・明渡し等)

・法定更新後に貸主が契約を終了させるには?

・借地借家法26条第1項の期間前に更新拒絶できる?

・借主でも自由に中途解約ができない法的根拠は?

・立退料なしに明渡しが認められることがある?
……等々

申し込みについて

申込方法
下記のフォームより、お申し込みください。
お申込部数は、10冊以上で承ります。
お支払い方法
弊社からの請求書到着後、7日以内に指定口座へお支払のお手続きをお願いいたします。
ご入金の確認後、商品を発送いたします。
※銀行振込のみとなります。
※お振込手数料はお客様負担でお願いいたします。
※コンビニエンスストアでのお支払いはできません。
送料
別途ご負担いただきます。
1個口(100冊まで)1,210円(1,100円+税)となります。尚、大口発送の場合は別途ご相談ください。
お問い合せ
株式会社 住宅新報 「不動産取引現場での意外な誤解【売買編】」係
〒105-0001東京都港区虎ノ門3-11-15 (SVAX TTビル3階)
電話 03(6403)7830/ FAX 03(6403)7825

 

 

 

 

 

 

 

不動産取引現場での意外な誤解【賃貸借編】 フォーム

    半角カタカナや機種依存文字は使用しないでください。文字化けの原因になります。
  • 貴社名 例) 例) 株式会社 住宅新報

  • フリガナ 例) 例) カブシキガイシャ ジュウタクシンポウ

  • ご担当部署名 例) 例) 営業部

  • ご担当者名 *必須 例) 例) 住宅 太郎

  • フリガナ(ご担当者名) 例) 例) ジュウタク タロウ

  • メールアドレス *必須

  • 確認のためもう一度 *必須

  • 日中ご連絡のつく電話番号(ハイフンあり) *必須

  • Fax番号

  • 郵便番号 *必須

  • 住所 *必須

  • 購入冊数(10冊以上) *必須

  • 所属団体名

  • 通信欄

個人情報の取扱については、プライバシーポリシーをご覧ください。

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています