総合

古民家宿の物語 日本全国リノベーション 8 沖縄県北部、本部半島の陽瑠寝 (上) セメント瓦の屋根の宿

 今回紹介する宿は、沖縄県北部の名護市から車で20分ほど、本部半島の突端付近にある。那覇のような都市とは異なり、古き沖縄の文化を兼ね備えた景色が広がる。近隣には「美ら海水族館」もあり、観光地としても注目度が高い。コロナ下にあっても人気上々だとか。   ライター/インバウンドコンサルタント 此松武彦

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»