お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

決算 コロナ禍と7月豪雨の影響で収益悪化 積水ハウス 第2四半期

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 積水ハウスは9月10日、21年1月期第2四半期の決算を開示した。新型コロナウイルスや7月の豪雨災害の影響で、収益が悪化した。

 受注高では、戸建て住宅が1553億円(前年同期比19.5%減)、賃貸住宅が1786億円(同12.1%減)、分譲住宅が672億円(同16.5%減)。

 通期の予想に変更あり。

積水ハウス

決 算 21年1月第2四半期

売上高 1兆1,679億円 (△3.3%)

営業利益 926億円 (△18.0%)

経常利益 906億円 (△22.2%)

当期利益 594億円 (△23.2%)

予 想 21年1月

売上高 2兆4,150億円 (△0.0%)

営業利益 1,750億円 (△14.7%)

経常利益 1,725億円 (△19.4%)

当期利益 1,140億円 (△19.3%)

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています