快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

次世代下宿「京都ソリデール」 高齢者宅の空き室を学生に 京都府宅建協会も情報提供で応援

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 京都府は、人口減少対策の一環として高齢者宅の空き室を学生の下宿に活用する次世代下宿「京都ソリデール」事業を展開している。若者(一人暮らしの大学生等)に低廉で質の高い住宅の確保と、自宅の空き室を提供する高齢者(大家)の交流を図ることを目的に、同居マッチングシステムを構築した。16年度の募集開始から現在までの同居実績は24件。「ソリデール」は、フランス語で「連帯」を意味する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています