お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

杭を残さず (上) 地中に埋まる社会問題 基礎杭の残置と埋め戻し問題

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 既存ストックを有効活用する時代だが、高度経済成長期に建設した大量の建築物などは、今後も建て替えや再構築、撤去が進められていく。その解体の際、地中にある従前建物の基礎杭の引き抜きが必要になるものの、社会的な関心は低い。各地でその〝既存杭問題〟は発生しているが〝内輪〟で解決する場合が多く、実態は顕在化してこない。水面下、いや、地面下で、じわりじわりと問題が浮かび上がっている。だが、大きな問題にまで発展して、裁判沙汰や、杭を抜けずに跡地活用を断念するケースまで出ている。 (坂元浩二)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています