登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

今週の糸口 時代論的住まい論 1 量を確保するための質でいいのか

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 住まいとは何かが問われるようになった。夫婦や親子の在り方、働き方、介護の仕方、親世代との同居、更には地域とのつながりなど、これからの日本社会と日本人の暮らし方に大きな変化が訪れようとしているからだろう。一方、90年代初頭に起こったバブル崩壊以降、日本と日本人が未来への自信と指針を見失い、漠とした不安に苦悩し続けている状況が続いている。そのことと「住まいとは何か」という問には何か関係があるのではないか。これらの視点から、不遜ではあるが、時代論的住まい論を始めたいと思う。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています