不動産業、経産省のDX認定取得相次ぐ

 不動産企業による経済産業省のDX認定取得が相次いでいる。森ビルと森トラストが8月にDX認定を取得した。DX認定制度とは,「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経営ビジョンの策定やDX戦略・体制の整備などを既に行い、DX推進の準備が整っている事業者を認定する制度。大手不動産では、4月に東急不動産ホールディングス、5月に三菱地所、6月に三井不動産が、それぞれが認定されている。

 森ビルは、8月1日付で「DX認定事業者」の認定を取得した。同社は、今年4月には、都市のデジタルプラットフォーム(都市OS)となる「ヒルズネットワーク」を開発・導入した。都市のDXの推進を通じて、より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供を加速させている。「ヒルズネットワーク」に代表される同社の「DX推進」の取り組みについて、経済産業省が定めた認定基準を満たすことや、ステークホルダーに対して適切な情報開示が行われていることなどが評価された。

 森トラストは、8月2日に「DX認定事業者」に認定された。同社の取り組みが認定基準を満たし、適切な情報開示を行っていることなどから認定取得に至った。

 同社は19年5月に「デジタルデザイン室」を新設し、業務プロセスの可視化・データ連携を実現する基盤によって継続的な業務改善を推進するなど、個人や組織のパフォーマンスを最大化させる仕組みづくりや、デジタル・データリテラシーの向上を進めてきた。更に21年3月には、新たに「DX 戦略」を策定し、全社的なDXを推進している。

 同社は、引き続きコーポレートスローガン「Create the Future」のもと「DX戦略」を推進し、データとデジタル技術を活用することで、既存ビジネスの価値を再構築し、新たな価値やサービスを提供する方針だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています