投資家向け物件売却などで、売上高が過去最高 三井不動産22年3月期

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 三井不動産は5月13日、22年3月期連結業績を公表した。それによると、投資家向け物件売却の伸長や貸し駐車場事業、個人向け仲介などの伸びにより増収増益となった。売上高は過去最高を更新。23年3月期通期予想では、特に商業施設やホテル・リゾート、東京ドームなどの業績が回復傾向にあり、新規竣工物件による賃貸収入の増加などにより、過去最高水準での増収増益を見込む。

 セグメント別では、「賃貸」は、既存オフィスの賃貸収入の増加や前期竣工の「文京ガーデン ゲートタワー」等の通期稼働の効果と、商業施設の売り上げ回復によって全体では増収増益。首都圏のオフィス空室率は3.2%とほぼ横ばいの水準だった。一方、「分譲」は計上戸数の減少などにより減収となったが、投資家向け物件売却が伸び営業利益は過去最高を更新した。「マネジメント」は、貸し駐車場や仲介の好調で増収増益となった。

三井不動産

決 算 22年3月

売上高 2兆1,008億円 (4.6%)

営業利益 2,449億円 (20.2%)

経常利益 2,249億円 (33.2%)

当期利益 1,769億円 (36.6%)

予 想 23年3月

売上高 2兆2,000億円 (4.7%)

営業利益 3,000億円 (22.5%)

経常利益 2,600億円 (15.6%)

当期利益 1,900億円 (7.4%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています