総合

賃貸管理士試験、過去最多3.2万人が受験 「国家資格」移行後 初の実施 賃貸不動産経営管理士協議会が全国80会場で

 国家資格に移行して初の賃貸不動産経営管理士試験が11月21日、全国25地域・80会場で実施された。試験実施機関の賃貸不動産経営管理士協議会(坂本久会長)の発表(速報値)によると、受験者数は過去最高の3万2461人(前年比18.7%増、受験率91.3%)に上り、関心の高さがうかがえた。合格発表は22年1月7日、同協議会ホームページで行われる。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»