登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

東京大学・NTT デジタルで現実を制御 スマートシティ実現に向けて

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 東京大学グリーンICTプロジェクトとNTTコミュニケーションズは、スマートシティ構想の実現に向けたデータ利活用の取り組みの一環として、現実世界をデジタルデータによって仮想空間上に再現し、融合させる〝デジタルツイン〟技術の実証実験を3月に始めた。ビルなどの現実の建物空間を仮想空間上に生成する技術を確立する。実証実験は9月まで行う。

 デジタルツイン技術は双子(ツイン)のように、「仮想空間」上に「現実世界」の空間を生成する。センサーなどで検知した現実空間のデータをリアルタイムに仮想空間に再現。現場にいなくても、分析や予測などに活用できる。

 今回の実証実験では、建物のデータを3Dモデルで構築・管理する手法BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)のデータや、センサーなどのIoT情報、位置情報などを集約。その上で、それらのデータプラットフォームを活用し、デジタルツイン・アプリケーションを構築する技術的課題やプロセスを検証する。

 今回、試験的に同アプリを作成する。その最適な構築プロセスと手法に関する知見を蓄積する。作成したアプリを活用して実証実験する。一つの具体的な事例としては、現実世界で稼働している「清掃ロボット」をデジタルツインの仮想空間上で制御するなどといった実験を重ねる。

 現状では一般的に、デジタルツイン・アプリケーションを構築するための標準化された手法やプロセスは未だ確立されていないという。建築や設計、ビルサービスなどといった多分野の企業などが参画して共創する環境を実現するためには、そのアプリ構築技術の標準化が急務となる。

 今後、両社では、将来の共創に向けた取り組みのため、技術標準化の提案や活用事例を創出する。様々な都市課題の解決を図り、データの利活用の側面でスマートシティ構想の実現を目指していく。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています