登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

温熱環境の改善は健康増進に 高齢者住宅推進協委員会が中間報告 埼玉、東京の14軒で実証実験 断熱改修で血圧低下など

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 築20年以上の住宅でも部分的に断熱改修を行うことで、そこに暮らす高年齢者の健康状態は以前と比べ改善されていく||。高齢者住宅推進機構は2月14日、都内で定例セミナーを開き、住宅の温熱環境と健康影響を評価する実証実験を行っている健康長寿住宅エビデンス取得委員会の中間報告を行ったが、その中で因果関係があることが分かった。同委員会は、東京都健康長寿医療センター研究所副所長で医師の高橋龍太郎氏を委員長に、エネルギー供給事業者、住宅部品・断熱材メーカーなどが参加して活動。11年度から3カ年の事業で、現在、埼玉県内と東京都内の14軒、19人の協力を得て、断熱改修後の健康計測を行っているものだ。 (柄澤 浩)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています