JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

関西エリアで国産木材の利用を拡大 三井ホーム

 三井ホームは5月7日、関西エリアの施工物件においてツーバイフォー工法の構造材として国産木材の使用を推進していくと発表した。4月以降の受注物件からで、主な使用部位は構造用壁を構成する縦枠部となる。
 これまで、同社グループは九州地区を中心に構造材として国産材の利用を進めてきた。関西エリアでは内装材を中心に地域産材を使用してきたが、構造材において国産材の安定的な調達が可能となったことや、顧客ニーズが高いことから、今回の利用推進に至った。
 日本の森林は良質な木材としての収穫期を迎えており、適切な伐採と継続的な植林、育成といったサイクルが求められている。国産材の利用推進、消費拡大を進めることで国産材使用の可能性を広げ、同社は環境に優しい持続可能な家づくりに努めていく考えだ。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています