お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー
 キャンセルについて スクーリング会場の登録

宅建 登録講習のご案内 WEBでのお申込み

登録講習とは?「登録講習」は、宅地建物取引業法第16条第3項の規定に基づき、国土交通大臣の登録講習機関として実施する講習です。宅地建物取引業における「業務の適正化」及び「従事者の資質の向上」を図るため、主に不動産に関する実務的な知識を習得していただくことを目的としています。住宅新報は「登録番号(1)第030号」として国土交通大臣の登録を受けております。
登録講習内で実施する修了試験に合格すると、以降3年以内に行われる宅建士試験で、試験の一部(5問)が免除となります。

通信学習

テキストに沿って自宅で学習していただきます。実施期間は教材発送日から約2ヶ月間となります。

スクーリング

テキストに沿って2日間(10時間)の講義を行います。

修了試験

スクーリングの最終時限に行う修了試験(四肢択一式)において 20問中7割以上正解の方に、「登録講習修了者証明書」を交付します。

修了証の交付

修了試験に合格された方には、「登録講習修了者証明書」を3枚交付致します。宅建試験申込書に、この修了者証明書の原本を添付することで、免除が適用となります。

登録講習受講のメリット

登録講習を修了すると「登録講習修了者証明書」が交付され、交付日(登録講習修了試験の合格日)から3年以内に行われる宅地建物取引士資格試験について、試験の一部が免除されます。
平成29年度宅建試験は、下記に関する問題が5問免除になり、45問の四肢択一マークシート方式で、試験時間は一般受験者より10分間短縮され1時間50分でした。

試験免除項目の範囲

◆宅地建物取引業法施行規則第8条第1号
土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
◆宅地建物取引業法施行規則第8条第5号
宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること

登録講習の受講資格

宅地建物取引業に従事している方が受講できます。実務経験期間は問いません。
ただし、登録講習受講期間内(お申込み~スクーリング2日目まで)に在職していること、受講申込みの際に宅地建物取引業に従事している旨の証明書(従業者証明書の写し)が必要です。※理由のいかんにかかわらず、離職などにより受講期間内に宅建業に従事しなくなった場合には受講料の返金はありませんのでご注意ください。
また、スクーリング受講時に「従業者証明書」を提示していただきます。
従業者証明書=宅地建物取引業法施行規則別記様式第8号によるものです。従業者証明書の書式(フォーマット)は、 国土交通省ホームページの様式等をご参照ください。

※「登録講習は、宅地建物取引業に従事する者に限って行われるもの」で、不正に交付された従業者証明書などを使用し不正に講習を修了した者については、その事実が確認された時点で登録講習の修了の取り消しを行います。また、当該事実が、宅地建物取引士資格試験の一部免除試験に合格した後に確認された場合においては、登録講習の修了のみならず、宅地建物取引士資格試験についてもその合格が取り消されますのでご注意ください。

※新入社員等で、従業者証明書がすぐにご用意できない方は、住宅新報までお問合せください。

(注)この従業者証明書は、国土交通省令で、宅建業者が従業者に持たせることを定めており、宅建業に従事している方であれば誰でも携帯していなければならないものです。もし従業者証明書の写しをご提出できない場合は、宅建業に従事していることの証明ができませんので、登録講習の受講資格がないものとみなされます。

講習内容

2カ月間の通信講習と2日間(10時間)のスクーリングで次の科目を学習します。

科目

・宅建業法その他関係法令に関する科目
・宅地及び建物の取引に係る紛争の防止に関する科目
・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する科目
・宅地及び建物の需給に関する科目
・宅地及び建物の調査に関する科目
・宅地及び建物の取引に係る税務に関する科目

通信講習とスクーリング

通信講習

教材(テキスト、課題)と受講証を宅配便で発送しますので、テキストに沿って自宅で学習していただきます。課題は自己採点です。提出の必要はありません。 実施期間は教材発送日から約2カ月間となります。

スクーリング

テキストに沿って2日間(10時間)の講義を行います。また、最終時限に修了試験を実施し合否判定いたします。

●実施時期
5月~7月  講習10時間+修了試験
講習時間(予定) 1日目(10:00~17:00) 2日目(10:00~16:20)
●開催会場
札幌、仙台、さいたま、東京、町田、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡
会場はいずれも駅近く、交通の便の良い所です。スクーリング日程と会場は当講習お申込み時に選んでいただきます。
●修了試験
スクーリングの最終時限に試験時間50分で総合問題四肢択一・20問を解いていただきます。
問題は、通信学習とスクーリングの学習内容から出題いたします。
なお、修了試験は1回しか受験できません。また修了試験後、問題と解答用紙を回収いたします。
●合否判定と修了要件
2ヶ月間の通信学習の後、スクーリングの受講(全科目出席)、修了試験の点数が7割以上の正解に達した場合、修了と認めます。

修了者証明書の交付

修了認定試験に合格された方には、「登録講習修了者証明書」を交付(3枚交付)いたします。
登録講習試験に合格した日から3年以内に実施される宅建試験の一部が免除されます。一部免除を受けるには宅建試験受験申込書に「登録講習修了者証明書」を添付することが必要です。なお、修了試験不合格など未修了の方にはその旨を通知します。
※紛失した場合の再発行手数料は3,000円(税込)となります

受講申込みに必要なもの

登録講習申込書 1通(次画面で作成します。以下の3点を所定欄に貼付します)
・写真2枚(縦3cm×横2.4cm・web上で写真を貼付けた場合は必要なし)
・受講料を払い込んだ証明書(銀行のご利用明細書などの振込控え)
・宅建業に従事している旨の証明書(従業者証明書の写し)

※従業者証明書:宅地建物取引業法施行規則別記様式第8号によるもの

WEBお申込みフォームに必要事項の入力

まず、ページ下部の「WEBでのお申込みはこちらから」より専用フォームに必要事項を入力し、顔写真の画像ファイル(JPG、GIF、BMP、PNG形式)をアップロードしてください。(アップロードできない方は、顔写真2枚を郵送してください。)
スクーリング(講義)希望日の入力も行います。(確認メールをご確認ください。)

印刷

当社からの確認メールをお送りします。
メール内のURLから申込書を表示させ、内容を印刷します。

受講料の振込み

三井住友銀行 日比谷支店
普通預金 9016775
(株)住宅新報

へ振込み後、振込控え、従業者証明書の写しを印刷した申込書に貼付してください。
※振込手数料は受講者負担となります。
※一度お申込みいただいた後のキャンセル、返金はできません。
※原則、領収証は発行しておりません。振込控えをご流用ください。

申込書の郵送

登録講習申込書に必要書類を添えて、簡易書留で当社にお送りください。

申込み手続き完了

登録講習申込書の受付け後、記入事項に不備がない場合のみ、受講証と教材をお送りします。送付された受講証は、スクーリング受講の際会場にお持ちください。
また、講習終了まで保管してください。

WEBでのお申込みはこちらから
※一度お申込みいただいた後のキャンセル、返金はできません。

▼ 郵送先
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル
(株)住宅新報 登録講習担当
TEL:03-6403-7810 FAX:03-6403-7825

(電話受付時間 平日9:30~17:30)

受講料:定価16,000円(税込)

※受講料は受講者の都合により申込みを取り消した場合や、受講を中止した場合には返還いたしませんのでご注意ください。

受講のキャンセル返金等について(必ずお読みください)

【受講スケジュール】
日程 申込み締切日 教材発送日 スクーリング
1次日程 3月14日(水)消印有効 3月26日(月) 5月26日(土)以降開催の日程が選べます
2次日程 3月23日(金)消印有効 4月5日(木) 6月5日(火)以降開催の日程が選べます
3次日程 3月28日(水)消印有効 4月9日(月) 6月9日(土)以降開催の日程が選べます
4次日程 4月2日(月)消印有効 4月12日(木) 6月12日(火)以降開催の日程が選べます
5次日程 4月9日(月)消印有効 4月19日(木) 6月19日(火)以降開催の日程が選べます
6次日程 4月20日(金)消印有効 5月1日(火) 7月3日(火)以降開催の日程が選べます
7次日程 4月25日(水)消印有効 5月10日(木) 7月10日(火)以降開催の日程が選べます
8次日程 5月7日(月)消印有効 5月17日(木) 7月17日(火)以降開催の日程が選べます
9次日程 5月14日(月)消印有効 5月21日(月) 7月21日(土)以降開催の日程が選べます
10次日程 5月18日(金)書類必着 5月24日(木) 7月24日(火) 25日(水)開催の日程が選べます
【スクーリング日程・会場】
開催地 日程 開催日程 会場名 修了書発送
予定日
申込み締切日
1日目 2日目
北海道 札幌  6/19(火) 6/20(水) 北海道建設会館(札幌) 6/26(火) 4月9日(月)消印有効
宮城 仙台 6/19(火) 6/20(水) 東京エレクトロンホール宮城(勾当台公園) 6/26(火) 4月9日(月)消印有効
東京
埼玉
神奈川
東京  5/26(土) 5/27(日) 全水道会館(水道橋) 6/1(金) 3月14日(水)消印有効
東京   6/5(火) 6/6(水) 全水道会館(水道橋) 6/15(金) 3月23日(金)消印有効
東京  6/9(土) 6/10(日) 全水道会館(水道橋) 6/19(火) 3月28日(水)消印有効
さいたま  6/12(火) 6/13(水) 埼玉県宅建会館(浦和) 6/22(金) 4月2日(月)消印有効
町田  6/12(火) 6/13(水) 町田市文化交流センター(町田)
東京  6/13(水) 6/20(水) 全水道会館(水道橋) 6/26(火)
東京  6/16(土) 6/17(日) 全水道会館(水道橋)
東京  6/23(土) 6/24日) 交通ビル(新橋) 6/29(金) 4月9日(月) 消印有効
東京 7/3(火) 7/4(水) 交通ビル(新橋) 7/6(金) 4月20日(金)消印有効
横浜 7/3(火) 7/4(水) 神奈川中小企業センター(関内)
東京  7/7(土) 7/8(日) 損保会館(御茶ノ水/秋葉原) 7/10(火)
東京  7/10(火) 7/11(水) 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 7/13(金) 4月25日(水)消印有効
東京 7/14(土) 7/15(日) 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 7/18(水)
東京 7/17(火) 7/18(水) 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 7/20(金) 5月7日(月)消印有効
東京  7/21(土) 7/22(日) 全国家電会館(湯島/御徒町) 7/24(火) 5月14日(月)消印有効
東京  7/21(土) 7/22(日) 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 7/24(火)
東京  7/24(火) 7/25(水) 全国家電会館(湯島/御徒町) 7/26(木) 5月18日(金) 書類必着
東京  7/24(火) 7/25(水) 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 7/26(木)
愛知 名古屋 6/23(土) 6/24(日) 名古屋栄ビルディング(栄) 6/29(金) 4月9日(月)消印有効
名古屋 7/10(火) 7/11(水) ウィンクあいち(名駅) 7/13(金) 4月25日(水)消印有効
大阪 大阪 6/5(火) 6/6(水) エルおおさか(天満橋) 6/15(金) 3月23日(金)消印有効
大阪 6/16(土) 6/17(日) マイドームおおさか(堺筋本町) 6/26(火) 4月2日(月)消印有効
大阪 7/3(火) 7/4(水) エルおおさか(天満橋) 7/6(金) 4月20日(金)消印有効
大阪  7/14(土) 7/15(日) 大阪YMCA国際文化センター(肥後橋) 7/18(水) 4月25日(水)消印有効
大阪  7/17(火) 7/18(水) エルおおさか(天満橋) 7/20(金) 5月7日(月)消印有効
大阪  7/21(土) 7/22(日) PLP会館(扇町/天満) 7/24(火) 5月14日(月)消印有効
広島 広島 6/19(火) 6/20(水) RCC文化センター(広島) 6/26(火) 4月9日(月)消印有効
福岡 福岡 6/12(火) 6/13(水) 天神ビル(天神) 6/22(金) 4月2日(月)消印有効
福岡  7/7(土) 7/8(日) 電気ビル(渡辺通) 7/10(火) 4月20日(金)消印有効
福岡  7/17(火) 7/18(水) 天神ビル(天神) 7/20(金) 5月7日(月)消印有効
●宅建試験本試験の申込み期間は例年7月1日~31日です。
●スクーリング受講後、当講習を修了された方には修了証書を発行します。 宅建本試験申込書類送付の際に修了証書を添付することによって、5問免除の特典が受けられます。
●7月のスクーリングは例年混み合います。また、各都道府県では宅建試験のお申込み順に受験希望会場を決定するケースが多いようですので、お早めに受講されることをお勧めします。
●6月20日(水)が2日目となる日程以降のスクーリングを受講し修了された場合、『宅建試験の願書提出』についてインターネットでの手続きができません。郵送にて各都道府県の受付窓口にお送りいただくことになります。
●Question
講習ではどんな内容を学習するの?
●Answer
2ヶ月の通信教育と2日間のスクーリングで以下の科目を学習します。
・宅建業法その他関係法令に関する科目
・宅地及び建物の取引に係る紛争の防止に関する科目
・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する科目
・宅地及び建物の需給に関する科目
・宅地及び建物の調査に関する科目
・宅地及び建物の取引に係る税務に関する科目

●Question
登録講習修了者が宅建を受験した際の合格率ってどのくらい?
●Answer
平成29年度の宅建試験において一般のみの合格率は14.3%に対し、登録講習修了者の合格率は19.9%と5.6ポイント上回りました。

●Question
修了者証明書は交付した年しか使えないの?
●Answer
修了者証明書の有効期限は、登録講習に合格した日から3年以内に実施される宅建試験まで有効となります。
WEBでのお申込みはこちらから
※一度お申込みいただいた後のキャンセル、返金はできません。