特徴

社会性があり顧客信頼度が高い資格

不動産終活の考え方の特徴である、ご相談者の想いに寄り添うとともに、
“未来を見据えた社会意義の視点で不動産を考える”
ことで、ご相談者との信頼関係を構築し、地域貢献とビジネスを両立する事ができます。

試験紹介

不動産終活士とは<中級相当>

「不動産終活の専門家」として問題解決

不動産終活士は、不動産終活アドバイザーの上級資格となり、
資格取得後は、その知識を仕事に役立ていただくことができます。
また、当機構の認定登録を行う事で、ご相談者からの相談内容の整理、
アドバイス、提案などを行うとともに、各専門家(士業等)と連携する、
『総合プロデューサー』として、より高度で具体的な対応を行うことができます。

※不動産終活士の初級資格「不動産終活アドバイザー」もご覧ください。

試験概要

申込期間

2023年10月2日(月)~11月30日(木)

受講・受験期間

2023年10月16日(月)〜2023年11月30日(木)

合格発表

▶試験結果の合否ついては試験終了と同時に判定されます。
▶合格者にはメールにて合格通知が届きます。
▶万が一、合格通知が届かなかった場合は当機構までお問い合わせください。

受講料

①不動産終活アドバイザー:8,000円(税込)

②不動産終活士:20,000円(税込)

★①②同時申込 20,000円(税込)

受験資格

①不動産終活アドバイザー
どなたでも受験いただけます。

 

②不動産終活士
不動産終活アドバイザーの資格合格者が受験いただけます。

試験方法<WEB受講・WEB試験>

【不動産終活士】
<WEB受講>
■講義動画数:1本(合計時間:約70分)
※受講期間内であれば、閲覧時間帯は自由です。
【参考資料】テキスト目次(PDF)

<WEB試験>
■試験テスト内容:全30問・4択形式(制限時間なし)
※受験期間内であれば、受験時間帯は自由です。
※受験期間内であれば、何度でも受験可。
【参考資料】テストWEB画面(スクリーンショット画像)

 

主催団体

一般社団法人 不動産終活支援機構

備考

合格証・登録証発行
受験期間終了後、1ヶ月程度の予定

この資格の受験申込はこちら

お申込みページはこちら

資格取得のメリット

おすすめ業界

不動産終活士

不動産業、建設・建築業、金融・保険業、税理士、司法書士、土地家屋調査士など

住宅新報からワンポイント!

「不動産終活アドバイザー」「不動産終活士」の資格を取得することにより、不動産終活の窓口になることができ、ビジネスの幅を広げることができます。また、不動産終活支援機構のバックアップを受けることができるため、専門性が高い士業の問題にも的確に対応し、ご相談者の気持ちに寄り添うことができます。
高齢化社会の中にある今、「終活」はまだまだ相談件数が増え続けますので、この機会に資格を取得してはいかがでしょうか?