快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

関東在住の20代単身社会人、家賃・広さ共にアップ傾向 リクルート調べ

 不動産・住宅サイト『SUUMO』を運営するリクルート(東京都千代田区)が実施した「関東在住20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ2021」によると、部屋探しの重視条件として最も多く挙げられたのは家賃だった。更に調査対象にとって、家賃は「6万円台」が21.4%で最も多いボリュームゾーンとなったものの、「7万円台」も18.9%と続いており、「6万~7万円台」の合計で4割以上を占める結果となった。なお、前回の17年調査では「5万〜6万円台」で全体の半数近くを占めており、今回調査では前回よりも家賃が少し高めの結果となった。

 また、「部屋の広さ」では、最も多いボリュームゾーンは「~18平米」の層で30.6%。更に、「~20平米」「~23平米」「~25平米」も多く、合計すると「25平米まで」の部屋に住んでいる人が全体の約7割となった。なお、17年の前回調査では「25平米まで」の層が少なく、今回は増えているのが特徴。4年の間に、家賃も広さもアップしているという傾向が見られた。

 同調査は今年2月、インターネットで実施。関東地方一都六県の20代シングルで一人暮らしの男女が対象。有効回収数は206(男性103名、女性103名)。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています