登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

二酸化炭素濃度を可視化する注意喚起サービス提供開始 アイエンター

 システム開発のアイエンター(東京都渋谷区)は、IoTセンサー技術を活用し、商業施設や公共施設の室内の二酸化炭素濃度を測定・検知するサービス「i-measure」(アイメジャー)の提供を開始した。実際の濃度をデジタルで可視化し、コロナ禍での感染対策として、定期的な空気循環を行う目安を知ることができる。

 小型ディスプレーを搭載したコンピュータを店内や屋外の施設に設置する。特定の許容基準値を超えると、無料通信アプリ「LINE」に通知するなど、空気循環のタイミングを知らせる。オプションで、モニター上に注意喚起レベルの「良い(緑)」「注意(黄色)」「危険(赤色)」で色分け表示できる。対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語など。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています