快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

住まいと暮らし記事一覧

  • ロボットは住まいの未来をどこまで変えるのか 住まいと暮らし

     ロボット先進国日本。自立型二足歩行ロボットが実現したのは今世紀前。しかし、その後革新的ロボットの話題はあまり聞かれていない。むしろその先進性に大きな疑問符がつく事態が起こっている。福島第一原発ではいち早く導入されたのはアメリカ製ロボットだった。  日本のロボット開発は大丈夫なのか。こうしたなか、ロボットがその領域を住まいやサービス施設などに広げている。ロボットは住まいの未来を変えるのか。 フリーライター 佐藤聡 (続く)

  • 健康に暮らせる住まい-建築医学を考える 住まいと暮らし

    近年、住環境や職場環境が、住人などを病気になりにくくする可能性が見えてきました。 これは「住環境・職場環境を改善することを通して、積極的に病気を予防する」という、これこそ予防医学、未病医学の根幹を成すテーマと言ってよいでしょう。このテーマに取り組む代替医学・代替医療として、私たちは「建築医学」を提唱しているのです。 社団法人 日本建築医学協会 理事長 松永修岳 (続く)

  • 楽しい気分にさせるライフスタイル 住まいと暮らし

    楽しく暮らせば心も体も元気になる私は人が会いに来てくれると元気になり、皆は「私から元気を貰えた」と言います。そんな素敵な関係が作りやすい暮らし方があります。それはシンプルな間取りで自由度の高い住居さえあれば、一人でも、多勢でも、楽しい気分が「ササット」できるライフスタイルをご紹介します。 人気イベント  1位 クリスマスパーティー  2位 夏のバーベキュー  3位 キッズ用手作りケーキパーティー 又、コンサートも開き、キッズ用のイベントは「ウッドデッキで、テントに泊まる旅気分」など楽しんでいます。 新商品企画コンサルタント 伊藤洋子 (続く)

  • 住まいの本質「暮らし方」と「快適性」の提案が進化 住まいと暮らし

    近年、「スマートハウス」を中心に省エネやエコの最先端技術に関心が集まりがちな住宅の世界。しかし、住宅の本質は「暮らし」であり「快適性」であり。それらについても住宅各社の中で様々な設計提案もしっかりと進化している。ここでは「子育て配慮」や「2世帯(多世帯)居住」を中心に、最近のより良い住まい方や快適さの実現に向けたトレンドを改めて考えていきたい。 住宅ジャーナリスト 田中直輝 (続く)

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています