【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

決算記事一覧

  • 決算情報をサイトで公開 ミサワホーム 決算

    ミサワホームは6月15日、ウェブサイトで20年3月期の連結決算情報を公開した。売上高は4145億円(前年同期比3.8%増)、営業利益は85億円(同1.6%増)。豪州と米国で子会社化した住宅会社が増収 (続く)

  • 過去最高の売上高、契約高 アールシーコア 新中計も始動 決算

    「BESS」ブランドでログハウスを展開するアールシーコア(東京都渋谷区、二木浩三社長)は5月27日、20年3月期決算を開示し、6月5日には決算と新中期経営計画の説明を配信した。 20年3月期 (続く)

  • 決算 オフィス堅調で増収増益 森トラストグループ 決算

    森トラストグループは6月4日、20年3月期の連結業績を公表した。堅調なオフィス需要や新規物件取得、不動産販売が寄与し売上高に当たる営業収益、営業利益とも3年連続で増収増益となった。中期ビジョンの最終 (続く)

  • 年内の受注回復目指す 住友林業 決算

    住友林業は5月29日、20年3月期の決算を開示し、6月1日には決算説明会をオンラインで開いた。収益認識基準に関する会計基準の適用を要因に減収となったが、住宅・建築事業、海外住宅・不動産事業はいずれも (続く)

  • 増収増益を計上 積水ハウス 21年1月期第1四半期 決算

    積水ハウスは6月4日、21年1月期第1四半期(2月~4月)の決算を開示した。連結子会社となった鴻池組の建築や土木工事の売り上げを計上。マンションや都市再開発も増収に寄与した。受注高では、戸建て住宅が (続く)

  • 主要住宅大手5社 19年度決算 受注厳しく 業績予想は新型コロナで悪化 オンライン強化の動きも 決算

     主要大手ハウスメーカー5社の19年度決算が出そろった(積水ハウスは20年1月期)。住宅の受注では厳しさがにじむ。消費増税に関する反動減に加え、新型コロナウイルスの影響が響いた。20年度の業績予想では公表を控えた企業もある。改めて、ウィズコロナ・アフターコロナを踏まえた取り組みが求められる。 (続く)

  • 主要不動産企業の20年3月期決算、新型コロナ影響も過去最高 20年度業績予想、約半数「未定」で不透明感強く 決算

     主要不動産企業の20年3月期決算がまとまった。第4四半期は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、商業施設や宿泊施設を中心にマイナス要因があったものの、新築マンションや都市部での賃貸住宅の底堅い需要、オフィスの好調による好業績が目立ち、過去最高の業績を記録したところも複数あった。一方、21年3月期は、業績予想を「未定」とする企業が中堅を中心に目立つなど、先行きの不透明さが漂う。ただ、減収減益予想も過去10年と比較しても低い水準ではなく、分譲住宅、オフィスを中心に需要は底堅いと見ている。 (続く)

  • 賃貸仲介堅調に推移 スターツ・20年3月期決算 ホテル稼働率は低下 決算

     スターツコーポレーションは5月19日、20月3月期決算を発表した。新型コロナ禍でホテルの稼働率が低下しているが、不動産管理物件数の増加で手数料やメンテナンスの売上が順調に増えて増収となった。21年3月期見通しは第2四半期以降緩やかに回復する前提ながら、経済活動の制約を見込んで減収減益を予想した。 (続く)

  • 決算 売上収益は過去最高 飯田グループHD 決算

    飯田グループホールディングスは5月15日、20年3月期決算(国際会計基準)を発表した。売上収益は1兆4020億円(前年同期比4.2%増)と過去最高を更新。事業別では戸建て分譲(土地売含む)が1兆21 (続く)

  • リモート営業推進を展望 大東建託20年3月期 12期連続の増益 決算

     大東建託は5月8日、20年3月期決算を発表した。売上高1兆5862億円、経常利益1330億円、純利益903億円で、減収となったものの、12期連続の増益を達成した。新型コロナウイルス感染症対策に伴い音声配信で説明に立った同社社長の小林克満氏は、営業面での活動禁止や規模縮小などの影響を受けたが、これを機会に、非対面のリモート営業や、在宅勤務がしやすい間取りの住まいづくりの積極的な展開に意欲を示した。今期21年3月期の業績予想については遅くとも、第1四半期を終えた7月までに公表すると見通しを示した。 (続く)

  • 株主総会を延期へ レオパレス 新型コロナ影響 決算

    レオパレス21は5月7日に開いた取締役会で、第47期定時株主総会を延期し、7月以降の開催を決定した。新型コロナウイルス感染症対策などの影響で決算業務に遅れが生じており、今後の開催日程は確定次第に公表 (続く)

  • 241億の純損失 レオパレス21 第3四半期決算 決算

    レオパレス21はこのほど、20年3月期第3四半期決算を公表した。界壁等の施工不備に関わる補修工事費用などの特別損失などで約241億円の純損失を計上した。 また同社は同日に、一連の施工不備問題 (続く)

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています