お知らせ
2018年度競売不動産取扱主任者

キーワード:物流施設 に関連する記事

記事一覧

  • 物流施設のプロロジス、京都に初進出 マンション・開発・経営

     物流不動産の所有・運営・開発を手掛けるプロロジスは4月2日、京都府京田辺市で賃貸型物流施設「プロロジスパーク京田辺」を開発すると発表した。同社が京都で開発するのは今回が初めて。  予定地は、京阪間の中...

  • 神奈川県海老名市に物流施設を開発、プロロジス マンション・開発・経営

     プロロジスは3月4日、神奈川県海老名市で物流施設「プロロジスパーク海老名2」を開発すると発表した。約1万7000平方メートルの敷地に地上4階建て(延床面積約3万8000平方メートル)を建設する。竣工は2017年の予定。  計...

  • 物流開発を拡大、リート組成も 三井不動産 マンション・開発・経営

     三井不動産は、物流施設の開発事業を拡大する。このほど4棟の開発を決定し、稼働中と開発中の施設も合わせると13棟・総延べ床面積約100万平方メートルとなる。また、4月1日付で「ロジスティクス本部」を新設すると共...

  • プロロジス 千葉に12棟目の物流施設開発 マンション・開発・経営

     プロロジスは2月18日、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク習志野5」の起工式を行った。  約2万9000平方メートルの敷地に、地上4階建て・延床面積6万5450平方メートルの施設を開発する。1・2階と3・4階での2層...

  • プロロジス 大阪市で駅徒歩3分の物流施設竣工 マンション・開発・経営

     プロロジスは1月28日、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク大阪5」(大阪市住之江区南港東)の竣工式を行った。同物件は大阪市営ニュートラムのポートタウン東駅から徒歩3分ほどで、物流施設事業者の課題とな...

  • Jリートなどへの不動産流通税特例、物流施設と敷地にも拡大 政策

    ...事業契約で不動産を取得した場合に、登録免許税や不動産取得税について軽減される特例措置を2年延長する。例えば、登録免許税では、Jリートや特例事業者が移転登記した場合、本則の1000分の20を1000分の13に軽減する。 ...

  • プロロジス、茨城でマルチテナント型物流施設を竣工 総合

     プロロジスは11月19日、茨城県常総市にマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク常総」を完成させたと発表した。竣工式には、入居が決まっている日本通運の関係者らが出席した。  同施設は、常磐自動車道谷和...

  • 物流施設、大規模化が進む 東京都市圏物資流動調査 総合

    ...市圏交通計画協議会は11月18日、総合的な都市交通計画を検討するため13年度に行った東京都市圏物資流動調査の結果を公表した。物流に関連する業種の中から約14万事業所を抽出し実施、約4万4000社から回答を得た。  それ...

  • プロロジス、物流8施設で7.4メガワット 太陽光発電第2弾 総合

     プロロジスはこのほど、太陽光発電プロジェクト第2弾をスタートした。全国で所有・運営する物流施設のうち、千葉や兵庫に立地する8棟で、屋根に設置した発電システムの運転を開始した。発電量は合計約7.4メガワット...

  • 物流施設を災害時の避難場所に GLPと横浜市が協定 総合

    ...浜市とグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は10月27日、津波発生時にGLPが所有・運営する物流施設を避難所として活用する協定を結んだと発表した。 対象施設は、横浜市鶴見区に立地する免震構造の物流施...

  • 物流施設の空室率、首都圏・近畿圏ともに低下 CBRE・第3四半期 営業・データ

     CBREが10月23日に発表した賃貸物流施設動向(2014年第3四半期)によると、空室率は、首都圏、近畿圏ともに前期よりも低下したことが分かった。  首都圏を見ると、今四半期の新規供給は1棟のみで、満床で竣工。前期まで...

  • GLP 埼玉で12棟目の物流施設 マンション・開発・経営

     グローバル・ロジスティック・プロパティーズは9月3日、埼玉県日高市でマルチテナント型物流施設「GLP狭山日高I」の起工式を行った。同社が県内で所有・運営する12棟目の物流施設となる。  約2万900平方メートルの...

  • GLP 厚木の大型物流施設、稼働率100%に 総合

     グローバル・ロジスティック・プロパティーズは8月19日、昨年末に竣工した大型物流施設「GLP厚木」(神奈川県)で、大手物流企業のセンコーと約6500平方メートルの新規賃貸借契約を結んだと発表した。これにより、同施設...

  • DBJ 三菱地所の物流施設にグリーンビル認証 総合

     日本政策投資銀行(DBJ)は8月8日、三菱地所が福岡県糟屋郡で開発している物流施設「ロジクロス福岡久山」に、グリーンビルディング認証(プラン認証)を実施したと発表した。汎用性のある天井高・床荷重を基本スペックと...

  • 川崎の物流施設3棟取得 ラサール 投資

    ...投資顧問会社のラサールインベストメントマネージメントインクはこのほど、同社が運用しているファンドが、神奈川県川崎市の物流施設「東扇島倉庫」3棟を取得したと発表した。  同倉庫は、3棟合わせた延べ床面積が...

  • 茨城と埼玉の物流施設 2万9300平方メートルを契約、プロロジス 投資

     物流不動産の所有・運営・開発を手掛けるプロロジスはこのほど、開発中の「プロロジスパーク常総」(茨城県常総市)と、運営中の「プロロジスパーク北本」(埼玉県北本市)で、計約2万9300平方メートルの賃貸契約を締結し...

  • 首都圏の物流施設、需要堅調 CBRE調べ 営業・データ

     CBREはこのほど、賃貸物流施設の市場動向(2014年第2四半期)を発表した。首都圏の空室率は6.1%で前期比1.6ポイント増加した。前期に竣工した物件の一部スペースが再度募集にかけられたほか、当期の新築物件が空室を残して...

  • GLP 兵庫・西宮市で大型物流開発へ 関西で21棟目 総合

     GLPは7月2日、兵庫県西宮市で大型物流施設「GLP鳴尾浜」の起工式を行った。竣工は2015年8月の予定。同社にとって、関西で所有・運営する21棟目の物流施設となる。  建設地は臨海産業団地の一区画。神戸港と大阪港の...

  • GLP 宮城県に物流施設完成 総合

     GLPはこのほど、宮城県黒川郡に、日通・パナソニックロジスティクス専用の物流施設「GLP富谷IVアネックス」の竣工を発表した。同社が100%賃借している物流施設「GLP富谷」の敷地内に増築された。  東北自動車道の「...

  • GLP 埼玉・吉見町で大手3PL企業専用の物流施設を開発 総合

     GLPはこのほど、埼玉県吉見町で、BTS型(特定企業向け)物流施設を開発すると発表した。9月に着工し、竣工は2015年8月の予定。  建物規模は、4階建てで、延べ床面積は6万2000平方メートル。既存顧客である大手3PL(サード...

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています