総合

不動産とSNS  動画を起点に〝ファン〟化 物件や店舗の魅力発信

 物件を見つけて新たな暮らしを描くのか、求める理想の暮らしに思いを巡らしてから家を探すのか――。似ているようで、うらはらな観点。不動産ポータルサイトの広告競争に陥り、大手企業と違って資本力に劣る不動産会社は、発想を変えて独自路線を歩み始めた。インターネットの交流サービス「SNS」を介したマーケティングや接点づくり、集客に取り組む。単に連絡手段でなく、動画などの圧倒的な情報量で物件や店舗の魅力を伝えている。実際に成約につながった場面も出てきた。(坂元浩二)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»