お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

第11回 お金の使い方上級者たちの3つの特徴

連載 儲けたい人は読んでいる!不動産投資ニュースby健美家

この記事を読むのに必要な時間:約5分

張田さんの暮らすマレーシア

不動産投資家の張田満さんも、そんな一人でした。しかし、節約生活を送っていたある日、「こんなケチケチ生活の先に、豊かな生活が待っているはずはない」と思い、お金の使い方を見直しました。そして、投資家として成功している先輩たちを参考に、ただ節約するのでなく、3つのポイントを意識して、お金を使うようにしたのです。

その結果、張田さんは節約生活を送っていた頃よりも貯金が増え、無事にアパートを購入することができました。不動産オーナーになってからも、これらを意識するうちに資産は増加し、1年10カ月後には会社をセミリタイア。現在は、家賃収入を基盤として、家族5人でマレーシアでの生活を送っています。

では、張田さんが意識した「3つのポイント」とは、どのようなものなのでしょうか?

①なんとなくムードでお金を使ったりしない!

過去には、ショッピングに行った時、衝動買いをすることがあった張田さんですが、周りの成功者を観察する中で、彼らが「決して瞬間の衝動では動かない」ということに気付き、意識を変えました。

成功している先輩たちは、営業マンの言葉やその場のムードに流されることは絶対にありません。事前に買うものの基準を決めて、そこから外れるものにはお金を出さないのです。そのことに気付いてから、張田さんは、衝動買いをしなくなったといいます。

②お金の使い方にポリシーがある!

あるとき、幸せなお金持ちたちの多くが、「周りの人の為に時間とお金を使っている」という共通点を見つけた張田さんは、それ以来、自分も同じことを心がけるようにしました。例えば、自分の衣服はほとんどユニクロだけれど、知人や友人との食事代はどんどん使う、という具合です。

また、成功者たちが、「勉強や情報収集」に役立つものに、お金を惜しまないことを知ってからは、書籍、CD教材、パソコンなどには惜しまずお金を使いました。投資家になってからも同じです。最近は、「iPad」と「電子書籍」が特にコストパフォーマンスが高かったと感じているそうです。

③浪費や消費に見えるものを投資に変えていく!

また、張田さんは、お金を使うときに、「投資or消費or浪費」の中のどの支出に該当するのかを常に意識することを、とても重要な習慣だと考えています。

・投資⇒「支払額<価値」(学習、自己向上など)
・消費⇒「支払額=価値」(絶対に必要なお金の使い方)
・浪費⇒「支払額>価値」(贅沢品や無駄な出費)

投資、消費、浪費は上記のように分類されます。日々の生活の中で、できるだけ、「投資」にお金を使うように意識することで、自分が成長するスピードがお金が減るスピードを上回り、どんどん「稼げる自分」へとステップアップしていけるのです。

不動産投資を始めて7年。サラリーマン時代の何倍ものキャッシュフローを得るようになった張田さんは、現在はあれこれと考えすぎずに「その時、使いたいことにお金を使ってもいい」と考えています。ただし、3つのポイントは張田さんの体に染み付いているため、今でも自然と、お財布を開く際、投資、消費、浪費に分類してしまうのだとか・・・。

限られたお金をいかに使うのか? そして、どう増やすのか? 不動産投資家を目指す人に限らず、張田さんの考え方は参考になるのではないでしょうか。

(参照:成功大家が絶対にやらないこと~お金の使い方上級者たちの3つの特徴~


健美家( けんびや )は、国内最大級の不動産投資専門サイトです。 収益物件の紹介、著名な不動産投資家によるコラム、全国の大家さん のブログ (日記) 集、セミナー等の様々な情報を提供しています。 ⇒https://www.kenbiya.com/

「儲けたい人は読んでいる!不動産投資ニュースby健美家」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています